NPO法人 日本予防医学未病研究会 推奨 無痛ゆらし療法(Painless Swing Therapy)専門院

電話、メールでのご予約・お問い合わせ(完全予約制)TEL.078-334-0706 (土日も対応)
メール.info@pst-kobe.com(24時間受付)

体験談

紫斑病体験談(1)

 ※体験談及びインタビューは、事実を元に構成しておりますが効果を保証するものではございません。
※体験談一覧に登場する病名及び症状名は各医療機関の診断をお客様よりお聞きしたまま使用しております。

難病の紫斑病を順調に回復された山元総一郎さん(仮名)にお話を伺いました。

 

■ いつから紫斑病が発症しましたか?

 

2006年の暮れぐらいに、出張先で体調が悪くなったんです。

発疹がバァーッと出て、何かな!?と思い、戻って来てから病院に行きました。

 

 

■ その時の状態はどんな感じでしたか?

 

膝の痛みから始まりました。

足首のむくみ・関節痛・胃痛・首から肩にかけての痛み…

最初は単に、どこかぶつけたりしたのかな?と思っていたんです。

けど、ただ足首が腫れるとかじゃなくて、その後にバァーッと発疹が出たので、これはなんか違うな!?と思い病院に行ったら紫斑病だと言われました。

 

 

■ その後、病院以外にも治療に行かれましたか?

 

最初に行ったのが個人の皮膚科で、その後大学病院で精密検査をして、紫斑病ですよって言われたんです。

 

 

■ 処方されたものはどうでしたか?

 

いくつか薬を出され、それを飲んで一度は引く方向に向かいました。

 

 

■ その後また症状が出てきてしまったのですか?

 

そうですね。

お医者さんからも「多少はぶり返すでしょう」って。

何回か波があるっていう風には言われていました。

その頃は紫斑が両足を覆いつくすくらい広がっていました。

 

 

■ 「やすらぎ」はどうやって見つけましたか?

 

最初病院で「アナフィラクトイド紫斑病」って、長ったらしい名前を言われて、どんな病気なんだろう?と不安に思いながら調べてたんです。

それで色々調べていたら、無痛ゆらし療法で紫斑病も回復するっていうのを見つけました。

それでこちらに来ることにしました。

 

 

■ 施術を受けてみてどうでしたか?

 

なんと言うか…やってるときは気持ちいいなって!

2回目来る時は足首がまだ腫れていて、ちょっと歩きづらい感じで、痛みがありましたけど、帰る時にはだいぶ足の動きが軽くなっていました。

で、回数を重ねるごとに紫斑も薄くなってきて、足のむくみや、関節痛による歩行困難、腹痛などの紫斑病の諸症状が無くなっていきました。

 

初めは、痛みによる睡眠不足から開放された事で効果を実感し、「良くなるかもしれない」と期待が持てました。

ここで首の施術をしてもらうまで、ほとんど仰向けで寝ること出来なかったんですよ。

大体うつ伏せで寝てました。

症状が安定した後は、首のケアが特に重要だと実感しました。

 

 

■ 仰向けだと首が辛かったのですか?

 

そうですね。

それに仰向けで寝ると腰も痛くなるし、あちこち痛くなるんで、うつ伏せの方が楽だったんです。施術を受け始めてからは仰向けで寝れるようになりました。

 

 

■ 紫斑病の原因は頚椎の緊張と関係があるんです。

 

そうですね。納得しました。

 

 

■ 同じように紫斑病で悩む方に一言お願いします。

 

紫斑病をネットで調べると、症状が沈静化するだけで、またすぐ出たりするって書いてありました。

ずっと治らないと医者に言われた人もいるそうで、厄介な病気になったな…と思ってたんです。

でも、「やすらぎ」ではそれが一時的に修まるだけじゃなくて、完全に回復できる病気だと思います。

一度「やすらぎ」で見てもらうことをお勧めします!

 

あとは、この時期になると花粉症で鼻が詰まってくるはずなのに、まだ詰まったりしてないんです。

昨日、一昨日、花粉が多かった為か、目が少し痒かったのですが、症状はそれだけでした。

なんていうか、思わぬ副的効果がありましたね!

 

 

■ それは良かったですね。花粉症も頚椎の悪さが関係してるんですよ。難病が改善されて良かったですね。本日は貴重なお話ありがとうございました。

紫斑病解説へ


恵比寿療法院やすらぎ 三宮店

〒650-0012
兵庫県神戸市
中央区北長狭通3-1-14 
トアロード岸田ビル3F東室
TEL 078-334-0706
FAX 078-334-0708